海外移住(生活)

日本の免許証からオーストラリア免許証への書き換え

日本からオーストラリアへ移住して早めにやるべきなのは、免許証の書き換えです。日本の免許証を持っていれば、基本的にオーストラリアの免許証に書き換えが可能です。

メリット
オーストラリア移住後にいろんな場面でID(身分証明書)を求められるのですが、ドライバーライセンスは非常に有効なIDの1つです。日常でパスポートを持ち歩くことはないため、基本的にはまずは免許証を出すというのが一般的です。

それと、永住権を持っていなくても、オーストラリア免許証の発行が可能というのが大きいです。

必要なもの
・VIC roadの予約
・アポイントメント手数料
・日本の免許証のNAATI翻訳
 もしくは国際免許証
・申し込みフォーム
・免許証手数料

https://www.vicroads.vic.gov.au/licences/renew-replace-or-update/new-to-victoria/overseas-drivers

書き換え手順
1.まずVic roadにアポイントメントを入れます
  オンラインでできますが、ほとんど1か月先とかで直近は空いていません。
  早めに、まず予約を取ることが必要です。
  アポイントメント手数料はその予約の際にカードで支払います。
  19ドルです。

2.次に免許証の英語版を用意します。
  国際免許証を持っていればそのまま、なければ日本の免許証をNAATI翻訳
  してもらいます。大抵50-100ドルの間ぐらいではできるのではない
  でしょうか。

3.申し込みフォームは、当日VIC roadで記入します。もしくは事前にフォーム
  をもらって記入してもよいでしょう。
  オンラインでダウンロードもできます。

4.予約日に必要な書類を提示します。
  ID、英訳の免許証、そしてフォームです。
  受付の人が確認し、OKだったら写真を撮り、費用を払ったら終了です。
  3年で82ドル、10年で283.6ドルです。
  長くいるのであれば、10年がお得です。

5.当日は領収書をもらって帰ります。後日免許証は郵送されます。
  当日から免許証が届くまでは、その領収書が免許証替わりで、実際に車を
  運転もできます。
  

簡単ですね。資格がある人はすぐ取りに行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA