AUS Biz & Life

自動車購入時に気を付けるポイント

オーストラリアは国土が広いため車社会です。日本でもいわゆる地方に住む場合、車がないと買い物にも不便ということがあると思いますが、それに近い状態です。公共交通機関はありますが、電車、バス、トラム/ライトレールだけで移動するのはなかなか大変なものがあります。

ですので、オーストラリアでは車を持つことがお勧めです。シドニーやメルボルンのシティ内部に住むのならそれほど必要ないかもしれませんが、少しでもSuburbのほうに住むならほぼ必要だと思われますし、どこかに旅行に行く、週末買い物に行く、というようなと時はやっぱり必要です。

今回は車を購入する際の手続きやポイントについて述べたいと思います。

 

 

Road Worthy

自動車を売買する際に、その車が安全であることを証明する書類になります。基本的にこの書類がないと車を売ることはできません(個人でも会社でも)。原則売る側が用意すべき書類ですが、個人で安く売りますと宣伝している場合は、この金額が入ってないことが多いので注意が必要です。修理工場に車を持っていき各箇所をチェックし、その結果が書類化されます。直すところが多い場合などは金額が高くなるようです。何も問題なければ100ドルぐらいのようですが、車の状態次第といえるでしょう。中古販売店などでも当然事前にロードワーシーを取得しているのですが、懇意にしている修理工場で中古販売店がお金も時間もかけず早く販売したいがために、修理工場があまり調べず書類を発行してしまうこともあるようです。なので注意が必要です。


Registration

オーストラリアは車検がありません。その代り、このレジストレーションという「陸運局への登録」が車検代わりとなり必須になります。これは半年や1年など期限を決めてこの間は法的にこの車を運転してよいという証明書になります。レジストレーションの登録料を支払う必要があり、その中には税金や簡易保険が含まれます。中古車を購入した場合、いついつまでレジが残っているという記載がある場合があります。この場合は、他人が登録したものでも、その車に対して残っているという位置づけなので、そのまま引き継いで乗ることができます。


Insurance

レジストレーションには簡易保険がついていますが、それだけで不十分です。対物やその他をカバーできる民間の保険会社に入るのが一般的です。AAMI、SUNCORPなど有名な保険会社のサイトをみると自動車用の保険が色々あると思います。また日本でいうJAFに該当するような整備関係の公的機関が各州にあります。
VIC:RACV
QLD:RACQ
などがそれに該当します。ここでも簡易的なサービスを安価で提供していますので、必要に応じて加入するとよいでしょう。例えば、車のキーを入れたまま閉じてしまったとかそういう類のものです。



ランキングに参加しています。
よろしければポチっと押してください。


メルボルン(海外生活・情報)ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村



 


© Tika/AUS Biz & Life 2018-2019