AUS Biz & Life

簡単! PMP維持に必要な60PDUの更新方法・テクニックを紹介!

いくつかの資格では資格維持のために更新、更新要件が決められています。PMPも実は3年ごとの更新が必要になっています!取ったら終わりではなく、その後も維持するための努力が必要になります。今回はこのPMP更新についてまとめていきたいと思います。
 
 

CCRSダッシュボードでの確認

PMPを取得した後には、3年間で60PDUの取得が更新のために必要になっています。60PDUとは基本的に60時間を指しています。これはPMIのページから自分のStatusが確認できます。
 
PMI.orgのサイトからmy PMIにログイン → 右側のCCRS Dashboard を選択
そうすると、下のように自分のステータスが確認できます。
 
 
 

PDUの必要要件

3年間で60PDUが必要なのですが、内訳が決まっています。

Education

少なくとも35PDU以上、かつテクニカル、リーダーシップ、ストラテジー&ビジネスがそれぞれ最低8PDU以上。含まれるものとしては、PMIのイベント参加、トレーニング、オンライントレーニング、読書など。

Giving Back

Max25PDUまで。こちらに含まれるものは、実務経験(8PDUまで)、コンテンツやArticleの作成(ブログも含む)、会社・勉強会等でのナレッジシェアリング、ボランティア等。
 
 
ちなみに、PMPの更新時にはPMI会員の場合は60USドル、非会員は150USドルがかかります。


PDU登録(Claim)の方法

さて、PDUを登録するにはどうすればいいでしょうか? 簡単です。MenuからReport PDUを選択します。先ほどのように、どの種類のPDUをレポートするかを選択します。

例えば、一般的な読書のケースの画面をご紹介します。
著者名と本のタイトルを入力し、日付とどのエリアのPDUかを選択します。読書に費やした時間を考慮して何PDUかを換算するのがよいでしょう。
 

なお、登録するとすぐにメールにて受付完了とApproveのメールがほぼ同時に来ます。



簡単なPDUの稼ぎ方

お勧めのPDU登録方法としては、読書、もしくはProjectManagement.comのオンライントレーニングになります。こちらはPMIが公式監修しており、色々アカウントなどもリンク可能です。(但し利用時には別にID登録が必要になります)
 
 
何が便利かというと、オンデマンドトレーニングビデオを見ると、自分でPDU申請しなくても、自動的にPMIへ完了通知が行き、自動的にPDU申請処理をしてくれるのです!


確認方法は、アカウント → PDUs Awarded にて確認することができます。鑑賞したWebinarは登録され、右側にProcessedとなっているものは、PMIへ送信され、PDU登録されたものになります。ブランクはまだになります。これは大体24-48h以内に実施されますので、1日程度待ちましょう。



PDU登録例

例えば以下でどうでしょうか?これで60PDUになります。これを3年間でこなせばよいとなれば大したことはないでしょう。また本やイベント費用などはオーストラリアではTax Return(日本でいう確定申告)対象として申請することで、経費扱いができます。WebinarはPMI会員であればフリーであるので、全部これでやってしまえば、無料で更新できることになります。

Education:PMIイベント参加4イベント、読書4冊程度(例20h)、Webinar20h
Giving Back:実務8h、SMEとしてイベント参加4イベント、ブログ執筆4回




いかがだったでしょうか?実際最初は60PDUというのは結構大変だなと感じていて、いろんなベンダーからも一気に稼げるお勧めの有料トレーニングあるよ、というセールスがたくさん来ていたのですが、実際やってみて簡単に登録できる、PDU稼ぎ方もいろいろあるということに気づいたので、この方法で更新を無事乗り切ろうと思っています。



ランキングに参加しています。
よろしければポチっと押してください。


メルボルン(海外生活・情報)ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

   


© Tika/AUS Biz & Life 2018-2019