AUS Biz & Life

オーストラリアPRを取得し海外生活をするITプロフェッショナルのブログ

AUS Biz & Life

Aリーグ開幕直前!メルボルン・ビクトリー他、Aリーグ各チーム紹介!

こんにちは。いよいよオーストラリア・プロサッカーリーグ Aリーグの18-19シーズンの開幕が今週末に迫ってきました。

 

サッカースタジアム

 

チーム構成

Aリーグは全部で10チームで構成されています。以前はNSLというリーグでしたが、2004年にAリーグとして新規に発足しています。94年アメリカW杯の成功と96年MLS発足、そしてJリーグの93年発足、98年のW杯出場、2002年の日韓W杯の成功という一連のサッカー新興国でのリーグ刷新・サッカー強化の流れに乗り、オーストラリアもリーグを発展的解消し、新設しました。リーグはHyundaiがスポンサーをしています。

シドニー

シドニーFC:イタリア代表のデルピエロが2012-14シーズンに所属していたチーム。シドニーを代表する青を基調としたチームカラーで有名。2005-06年に三浦知良選手が一時移籍したことでも知られている。Aリーグファイナルシリーズを3回制している強豪。ホームスタジアムはAllianzスタジアム。

ウェスタンシドニーワンダラーズ
:シドニー西部のパラマッタをホームタウンとし、赤と黒を基調としたチームカラー。サポーターが熱狂的なことでも知られている。2012-14シーズン小野伸二選手が在籍していて数々の美技を見せていた。2014年にはAFCチャンピオンズリーグを制してアジア制覇を果たしている。過去に楠神選手や高萩選手なども所属していた。

メルボルン

メルボルンビクトリー:今年本田圭佑選手が移籍したことで注目を集める昨シーズンの覇者。AAMIパーク、エティハドスタジアムがホームスタジアム。過去4度Aリーグファイナルシリーズを制し、AFCチャンピオンズリーグにも5回出場している。

メルボルンシティ:当初はメルボルンハートというチーム名だったが、2014年にイングランドのシティグループ(マンチェスターシティ)が株式を取得し、チーム名やチームカラー、エンブレムなどを一新した。2014年にはスペインのダビド・ビジャ、16-17シーズンはティム・ケーヒル選手も所属していた。

ブリスベン

ブリスベンロアーズ:過去はクイーンズランドロアーズという名称だったが、2009年に現在の名称に改名。オレンジ色がメインカラー。過去3度ファイナルシリーズを制し、ここ直近3シーズンも準決勝まで進んでいる。

アデレード

アデレードユナイテッド:2008年にAFCチャンピオンズリーグで決勝でガンバ大阪に敗れるものの、開催国枠が準優勝のアデレードに割り振られ、クラブワールドカップにも出場した経験もある。

パース

パースグローリー:パースをホームタウンとするチームで、2012-13シーズンにセレッソなどにもいた永井龍選手がいたことでも知られている。

その他NSW

ニューカッスルジェッツ:シドニー北部のニューカッスルを本拠地とする。2007-08シーズンを制して、2009年のAFCチャンピオンズリーグにも出場している。

セントラルコーストマリナーズ:陸上金メダリストのウサインボルトを最近獲得したことでも知られる。ボルトはマンチェスターユナイテッドのファンで、ボルシア・ドルトムントなどでも練習参加などしていたが、最終的にAリーグに参加し、プロデビューの夢を果たした。

NZ(ウェリントン)

ウェリントンフェニックス:以前はオークランドを本拠地とする、ニュージーランドナイツというチームだったが、2007年に解散し、新たにウェリントンを本拠地とするチームになった。


直近の成績

Aリーグは10月に開幕し、4月までレギュラーシーズンが開催される。その後上位6チームがファイナルシリーズに進出し、トーナメント形式で戦っていき、グランドファイナルの決勝で最終的な優勝チームを決定します。オーストラリアはFootyというオージーフットボール(ラグビーとサッカーの中間的なスポーツ)も同様にポストシーズンをトーナメントで戦うため、割と方式自体は受け入れられています。

    レギュラー       ファイナル
17-18 シドニーFC       メルボルンビクトリー
16-17 シドニーFC       シドニーFC
15-16 アデレードユナイテッド アデレードユナイテッド
14-15 メルボルンビクトリー  メルボルンビクトリー


シドニーとメルボルンのチームは?

シドニーCBD(都市部)を中心とするシドニーFC、西部を本拠地にするWSW、メルボルンの強豪ビクトリー、シティグループにより強化されつつあるシティという4つのチームがあります。
パラマッタはシドニー中心部から少し遠いので、CBD近くに住んでいる方はシドニーFCのほうがホームに近いのですが、やはり小野選手がいた時代のイメージは強いですし、AFCも優勝しているということで、WSWも印象は強いですね。
メルボルンはビクトリーは安定的に強く、シティはビジャやケーヒルなどを獲得し、シティグループになり、エンブレムも格好良くなり、これから!という印象ですね。


注目のメルボルンビクトリー

今シーズンは、2018年10月19日にシーズン開幕しますが、メルボルンビクトリーvsメルボルンシティのメルボルンダービーが10/20(土)にエティハドスタジアムで開催されます。

過去にはデルピエロ、小野伸二、ビジャなどと同じように、今回本田がマーキープレイヤーとして、リーグの目玉選手として位置づけられています。直前のインターナショナルマッチデーはカンボジア代表の指揮はスタッフに任せ、開幕直前のランチカンファレンスやファン感謝イベントなどにも参加して、開幕ムードも高まってきました。色々なメディアでも本田の特集が組まれています。

チケットはTicketmasterからオンラインで購入が可能です。$33~$66までカテゴリーによって分かれています。
私もチケット買いました!Aリーグは初めてのスタジアム観戦になるので、今から楽しみです!



Aリーグ 2チームの増加

2018年12月13日にAリーグは2チームの増加を発表しました。1つは、来シーズンから参加するWesternメルボルン、ホームはウェロビーのあたりです。ただ、ホームスタジアムを新しく建設するまでは、ジーロングのスタジアムを使うようです。
もう1つはキャンパーウェルタウンをホームとするSouth Western シドニーでこちらは再来年の2020-21シーズンからの参加になります。
候補には他にもタスマニアやキャンベラ、South East メルボルンなどいくつかありましたが、今回は選に漏れました。次回以降のExpansionでまたチャンスがあるかもしれないとのことです。



ランキングに参加しています。
よろしければポチっと押してください。


メルボルン(海外生活・情報)ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

 


© Tika/AUS Biz & Life 2018-2019