ビジネス・IT

PMP プロジェクト マネジメント プロフェッショナルとは?

  1. ITには様々な職種がある
    1. ビジネスデベロップメント系
    2. ビジネスアナリスト系
    3. エンジニア・デベロッパー系
    4. テスト・品質管理系
    5. ヘルプデスク・サポート系
    6. プロジェクトマネジメント系
    7. プロダクトマネジメント系
  2. プロジェクトマネージャーの役割とは
  3. PMI・PMPとは?
    1. PMP試験に必要な条件
    2. 試験
    3. 資格維持に必要な更新条件

ITには様々な職種がある

一口にITといっても様々な職種やスキルがあります。日本で一般的なのは、SE(システムエンジニア)とより上流工程を担当するコンサルタントに分かれており、SEが色んなロールを担当することが多いですが、グローバルにはスキルやロールごとに職種はきまっておりそれらを複数担当することは基本ありません。

大まかにいうと、ビジネスデベロップメント系、ビジネスアナリスト系、エンジニア・デベロッパー系、テスト・品質管理系ヘルプデスク・サポート系、プロジェクトマネジメント系、プロダクトマネジメント系、という感じでしょうか。

ビジネスデベロップメント系

いわゆる営業職になります。日本でも営業職は別系統であることが多いですが、海外でもビジネスデベロップメントはスペシャリストとしてその営業スキルが要求されます。

ビジネスアナリスト系

システムを開発する前に要件を固めるのがビジネスアナリストになります。大手コンサルティングファームではもちろんコンサルタントとして要員募集がありますが、それはどちらかというと職位に近いので、役割からすると要件定義を行うのはビジネスアナリストになります。

エンジニア・デベロッパー系

担当範囲によってフロントエンドかバックエンドかに分かれます。全部担当する場合はフルスタックと呼ばれます。後は言語によってWebデベロッパーだったり、Javaデベロッパーだったりします。エンジニアは担当領域によってネットワークエンジニアだったり、インフラストラクチャーエンジニアだったりという感じです。

テスト・品質管理系

いわゆるテスターと呼ばれるカテゴリーで、当初の要件に沿って、きちんとソフトウェアやシステムが構築できているかをテストし判定します。品質管理(Quality Assurance)のスペシャリストでもあります。

ヘルプデスク・サポート系

ゲルぷデスクアナリストやITサポートオフィサーと呼ばれます。後は最初の受付はLv1、Lv1 がさばけない難しい案件を担当するLv2,Lv3といった具合に、難易度やどのレベルを担当するかでLevel分けされていることが多いです。日本と違ってシステムを開発してそのまま保守ということではなく、ヘルプデスクのスペシャリストという位置づけです。

プロジェクトマネジメント系

プロジェクトを管理するのがプロジェクトマネージャーです。立案から導入まで行います。複数のプロジェクトを管理する場合は、プログラムマネージャーと呼ばれます。また、事業の重要度に応じてプライオリティを管理・コントロールする場合は、ポートフォリオマネージャーという形になります。

プロダクトマネジメント系

IT企業のタイプによりますが、ソフトウェアなどプロダクトを開発している場合は、プロダクトマネージャーが存在します。プロダクトマネージャー自体は、ITだけでなく、製造業の会社にも存在しますので、同じ位置づけになります。

プロジェクトマネージャーの役割とは

今回の本題は、プロジェクトマネージャーになります。プロジェクトマネージャーの仕事とは、「プロジェクトを定義し・立ち上げ」、「リソースを調達し」、「進捗管理をしながら推進し」、「ゴールに向かってプロジェクトを完了させる」役割になります。プロジェクトとは、「独自のプロダクト、サービス、所産を創造するために実施する有期性のある業務」を指しており、期間が限定されているものが対象になります。期間が決まっておらず繰り返し行うようなものやルーチン・オペレーションに落ちてしまったものはプロジェクトとは呼びません。
また、対象を見ていただければわかるように、実はITだけでなく、製造業やサービス業、事業会社のビジネス部門にも当てはまります。一般の会社でも「今度の新しいプロジェクトでは・・」というようなことを言いますよね。事業会社ですとプロジェクトリーダーというほうが通りがいいかもしれませんが、プロジェクトをマネージするので、プロジェクトマネージャーと呼ばれます。

PMI・PMPとは?

USに本部があるPMI(Project Management Institute)という団体が、グローバルに各国に支部を持っており、資格の認定を行っております。資格はPMP (Project Management Professional)と呼ばれます。PMPは試験を受けてパスした人だけが取得でき、きちんと勉強すれば合格率は高くそれほど難関というわけではありませんが、やはりきちんと準備をしないとなかなか合格は難しいというレベルに設定されています。また試験を受けるためには要件を満たしていることが必要です。

PMPはPMBOKに基づいています。PMBOKとはProject Management Body Of Knowledgeのことでプロジェクトマネジメントの知識体系ということを指します。現在第6版が最新版です。

大きくは5つのプロセスと10個のマネジメント手法からなります。5つのプロセスとは、立上プロセス(Initiating)、計画プロセス(Planning)、実行プロセス(Executing)、監視・コントロールプロセス(Monitoring and Controlling)、終結プロセス(Closing)です。そして、10個のマネジメント手法とは、統合マネジメント、スコープマネジメント、スケジュールマネジメント、コストマネジメント、品質マネジメント、人的資源(リソース)マネジメント、コミュニケーションマネジメント、リスクマネジメント、調達マネジメント、ステークホルダーマネジメントになります。

PMP試験に必要な条件

・4500時間のプロジェクトマネジメント経験
大卒者の場合は、4500時間のプロジェクト業務実務経験が必要で、それの証明書を提出する必要があります。申請時にプロジェクト履歴を記入するとプロジェクト単位の用紙が出力でき、当時の上司や関係者にサインをしてもらう必要があります。
(※1 36ヶ月間のプロジェクトマネジメント経験を含む) (※2 高校卒業の場合は7500時間)

・35時間(35PDU)の研修受講
オンライントレーニングや大学や研修機関によるフィジカルな研修などを35時間受講する必要があります。これも受講完了の証明書が必要になります。

その上で、USのPMIのサイトから申し込みを行う必要があります。ここは英語で入力する必要があります。試験は言語を選択可能でs。受験料はUSドルでPMI会員$405、非会員で$555かかります。PMI会員になるには、$139かかります。

またランダムに監査があり、監査対象になった場合は、追加で証明する書類をUSまで郵送しないけません。

試験

試験は言語が選択可能なため、日本語でも受験可能です。4時間で200問の選択式になります。リテイク(再受験)の場合は、PMI会員$275、非会員$375が必要になります。試験はコンピューターに向かって実施していき、4時間を過ぎると、もしくは自分で終わってOKと思ったら完了になります。結果はその場で分かります。

資格維持に必要な更新条件

PMPはとったら終わりではありません。3年毎の更新制になっており、3年間に60PDUを取得することが必要になります。60PDUは約60時間相当の研修・トレーニング・自習・業務経験・PMIイベント参加などです。

PMPは途中で書いたように、医師免許や弁護士資格のように、合格がすごく難しいというわけではなく、準備・対策をすれば合格はできます。が、準備を怠ったり、適切でないと合格できないというところにハードルが設定されており、それなりに対策・準備が必要です。
メリットとしては、実務の裏付けになるというところや、胸を張ってPMと言えること、またPMIチャプター(支部)のイベントなどで、同じ職種のプロフェッショナルとネットワーキングできてつながりが増えることでしょうか。

ランキングに参加しています。
よろしければポチっと押してください。

メルボルン(海外生活・情報)ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA