ロックダウンの解除に向けて

第一波のピークは各国で徐々に越えつつあり、ロックダウン解除に向けた動きの調整が始まりました。ここでは世界各地のリリースに向けた状況を見つつ、今後の展開について推察していきたいと思います。

オセアニア
オーストラリア:現在のロックダウンは5/11まで継続。ソーシャルディスタンス自体は1年継続。
国内移動を先に解除。海外渡航はまだ当分先。
NZ:4/20にレベル3へ移行するかどうか検討。(現在は4/22頃までを予定)

ヨーロッパ
デンマーク:ロックダウン緩和を検討。学校は4/15から再開。ただし、国境閉鎖と集会禁止は継続。
イギリス:5月頭までロックダウン3週間延長
イタリア:5/4にロックダウン緩和予定

アメリカ
NY:5/15までロックダウンは継続
連邦政府:3段階のレベルにあわせてロックダウン緩和案を発表(14日間感染者数が減少することを前提)

スポーツ(サッカー)
イタリア セリエA:5/27からコッパイタリアでシーズン再開の計画
イングランド プレミア:無観客で再開が濃厚
ドイツ ブンデスリーガ:5月上旬から無観客試合で再開?(8月末まで大型イベント禁止)
CL:CL決勝を8/29で計画
ヨーロッパ全体カレンダー:6月末までにリーグ戦を終了し、7月8月にCLとELを終了。翌シーズンは10月から開始


まとめ

全体的には、
・元々は人が集まるイースターまではロックダウンが予定されていた
・現在はもう少し延長されて5月前半から中旬ぐらいまでは現在のロックダウンは継続
・5月下旬or6月頃から、スポーツや通常活動が徐々に再開。
というようなイメージかと思います。

しかし、国境は封鎖したままだったり、イタリアも一部地域は引き続き封鎖したままという可能性もあったりと、その姿はまだ平常とは言えない状況です。

おそらく、6月7月~8月9月にかけて、段階を踏んで徐々に緩和していくのではないかと思います。
(第二波や予想しえないことが起きない限り)
普段通りになるのは、年内ぐらい?でしょうか。
ただ、そうなると、企業活動が持つのか?という別の問題も発生してきますので、なかなか難しいところです。

「ロックダウンの解除に向けて」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA