ロックダウンはステージ1からステージ2へ

ステージ1
3月22日夜(連邦政府は23日昼)に発表された政府からのロックダウンは、ステージ1という状態でした。
これは主に、不要不急の一部インダストリーを閉じるのと、Social Gatheringの禁止がメインの目的でした。本当に閉じなければいけない職種(ボトムライン)と、開いていてよいもの(トップライン)の最低限を発表して、その中間のものには言及しない(=一旦そのまま)というものでした。

・パブやジム、映画館などのClose, カフェやレストランはTake awayだけ
・500人以上(室内だと100人以上)の集会の禁止、1.5m離れること
・学校はOpenする (VICはCloseを発表、NSWも自宅待機を推奨)
・州政府発表では、必要な職種として、薬局、スーパー、ガソリンスタンドなどは継続すると発表

https://www.pm.gov.au/media/update-coronavirus-measures-220320

ステージ2
これが3月24日夜、わずか2日間でステージ2へとUpされることになりました。
より細かく職業事に禁止事項が決められ、ロックダウンの対象範囲がより広範になり、前回のステージ1では最小限の開いているもの・閉めるもの=多くがそのままという状態が、閉めるものの範囲が広がり、より中間層の範囲が狭まった印象です。
ただ、多くのオフィスワーカーへの言及はなく、Work from homeは推奨しているものの、オフィスは開けて良いという判断になっています。

・結婚式は5人まで、お葬式は10人までが参加可能
・ヘアドレッサーは30分まで
・図書館、美術館や公共プールの閉鎖
・家売買のオークションやインスペクションの禁止
・アミューズメントパーク、プレイグラウンドのClose
・ヨガ、ヘルスアクティビティなどの禁止
 ただしパーソナルトレーニングなどは10人までは可能
・ショッピングセンターのフードコートはTake awayのみ
・海外渡航の禁止
・外出の自粛、仕事はWork from homeを推奨、ただし職場はOpenしてよい

https://www.pm.gov.au/media/update-coronavirus-measures-24-March-2020

ステージ3
そして、今VIC州では更なる強化を求めて、ステージ3への移行について議論しているといわれています。
25日時点でそのようなアナウンスがあり、26日にVIC州としての発表をするということでしたが、ふたを開けてみると、現時点ではまだそこまでの動きではなく、ほぼ連邦政府を追随した発表でした。

https://www.vic.gov.au/coronavirusresponse



ただ、現在もオーストラリア全土で患者数は増え続けていますし、お隣のNZはそうそうにレベル4の完全ロックダウンに踏み切りましたので、オーストラリアも時間の問題かもしれません。

オーストラリアの場合は、なるべく経済活動を残したまま、ぎりぎり最小限のシャットダウンにしたいという思いが見え、職種を限定しながらやっています。が、判断は理解できますが、若干中途半端感はいなめず、いまだに多くのオージーが街へ繰り出している状況は、あまりロックダウンという感じではありません。
結局数日後に完全ロックダウンをすることになったら、だったら最初からやっていたら?という話になりかねないかなと思います。

もちろん何が正解かなんて誰にもわらかないので、現在の判断も理解はできます。
ただ、規制が結構ピンポイント過ぎて、結局外に出ていいの?いけないの? とか、仕事に行っていいの?いけないの?という大多数の疑問には答える形になってない規制という状況で、若干の混乱を招いているかなと思います。

「ロックダウンはステージ1からステージ2へ」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA