オーストラリアのPRビザ(永住権)をどうやって取得したか?

オーストラリアへのVISA取得/移住を検討してから、もう7年が経ちました。実際に取得してからは4年が経とうとしています。 結果として無事取得することが出来たのですが、検討したり実行に移すにあたり、色々なブログやサイトを参続きを読む続きを読む

永住ビザ取得に向けて参考にしたブログ10選

今回は、オーストラリアへ移住するにあたって、永住ビザ取得・ IELTS等で色々参考になったブログを紹介いたします。 私が参考にしていたのは、2012年~2014年あたりなので、もう少し古くなっています。中にはブログの更新続きを読む続きを読む

取るまでは非常に悩まされるが、一度取得してしまうと全く気にしなくなるもの

皆さんすごく苦労されて、これがゆえに、人生設計を変えたり、思いもよらない人生になったり・・ しかし、一度取ってしまうと、ほぼ全く気にしなくなるもの・・ それは、ビザ(永住権)です。 ご存じの通り、ビザがないと、住むことも続きを読む続きを読む

2019年7月からのビザ改正ポイント

7月になり、新しいFinancial Yearになりました。 ビザに関する法律も7/1から有効というものが多いです。 今回は、7/1に改正になったポイントをご紹介します。 移民総数のキャップ 地方スキルドビザの新設 新P続きを読む続きを読む

2019年のビザ改正のポイント

オーストラリアのビザは年々変化変わっています。厳しくもなり、取りやすくもなったりします。2019年に変更になるポイントがSBSでまとめられていますので、ご紹介します。 PR(永住権)につながる低スキル技術独立ビザの新設 続きを読む続きを読む

親呼び寄せビザ(Parent Visa)と新設されたTemporary sponsored Parent Visaについて

海外移住者にとって、両親のことについては切実な問題になります。せっかく移住しても両親の介護やケアのために、帰国する方も一定の割合でいるかと思います。 一方で、戻るのではなく、来てもらって一緒に住むという選択肢もあります。続きを読む続きを読む

永住権取得に向いている職業とは? 

海外移住を考えている人には興味深い記事がありました。またもやおなじみSBSのMigration関連のニュースです。 今回は、海外移住しやすい職業TOP5です。  www.sbs.com.au 2017-18年度の移住者数続きを読む続きを読む

South Australia(SA州)という選択肢 -DAMAの拡張-

移住先としてはシドニー、メルボルンがメジャーなスポットですが、近年人口増が原因で政府として人口流入を制約しようという傾向にあります。 その代わり、Regionalなエリアや州への誘導が政府主導でなされようとしています。D続きを読む続きを読む

どういう経緯/ルートを経てオーストラリアに住むようになったのか?

オーストラリアにもそれなりの数の日本人の方が住んで暮らしています。期間限定(学生や駐在など)の方もいれば、永住されている方もいます。 今回はビザのタイプ別や、どういう経緯で現地に暮らすようになったのかを、パターンに分けて続きを読む続きを読む

新しいビザプログラム DAMAとは?

オーストラリア政府から新しい永住権につながるビザプログラムが発表されました。(2018年12月) DAMA : Designated Area Migration Agreement という名称で、現在政府が検討している続きを読む続きを読む